自転車パンク タイヤ交換 修理方法 ブレーキ調整 部品交換方法

FrontPage

日曜大工で自転車のパンクを修理する

便利な自転車、毎日、通勤や通学、買い物などで、利用しますね。
パンク修理メンテナンスやパーツの交換方法を覚えましょう。

自転車パンクの修理は意外と簡単

次のような手順で修理にあるいはメンテナンスにトライしてみましょう。やってみると思いいのほか簡単にできます

自転車の修理

  • パンクの修理に必要な材料と工具は以下のようなものです。ホームセンターなどで、パンク修理セットとして修理に必要な全部揃って販売されています。
  • 手元になければ以下のものを用意します。セットには、ゴムのりとバッチゴムはじめ貼り付けるチューブゴムをこするサンドペーパーや、タイヤをはずしたり、取り付けるときに便利な、タイヤレバーをセットとして組んであります。

自転車パンク修理の主な材料

  • ゴムのり
  • バッチゴム
  • サンドペーパー
  • タイヤレバー2本
  • ゴムのり(または修理セット)

自転車パンク修理に必要な工具類

  • 空気入れ
  • 防錆スプレー
  • 軍手
  • 油差し
  • ぼろ布

自転車パンク修理の作業手順

  • 空気を入れるバルブ口のロックナットと、リムの部分のナットをはずします。
  • タイヤレバーをリムとタイヤの間に差し込んで起こし、タイヤレバーの切れ込み部分をスポークにかけます。
  • ドライバーなどこじると、中のチューブを切ったり、傷をつけてしまいますので要注意です。
  • タイヤの一部がリムから外れたら、タイヤとリムのすき間に指を入れ、 ゆっくりまわしていくと、タイヤは、リムから徐々にはずれます。
  • 固着しているときは、少々、防錆スプレーを吹く。

ここでご紹介する修理は、いわゆるママちゃりといわれる、一般的な自転車を対象にしています。特殊レジャー用やスポーツタイブの自転車などの場合、形状、サイズ若干異なることがあります。修理をする場合はこの点を注意してください。
*修理法がわからない場合は専門店で修理・整備することをおすすめします。

  • パンク箇所の特定 バルブの部分からはずはじめます、タイヤからチューブを取り出します。
  • このとき、パンク個所がわからないときは、チューブにやや空気を入れ、バケツのようなものに水道水をいれます。
  • この中にチューブを中につけ、少しずつチーブを回して、泡の出てくるところを見つけます。
  • 泡の出ているところがパンクしている箇所です。
  • パンクの個所に印をつけ、水分、汚れ分をよく、取り乾かしてから、サンドペーパー(180番ぐらい)でこすります。
  • パンク穴がわからなくなるようなときは、ツマようじを孔に軽く差し込んでおきます。
  • 水気はよくふき取り、乾燥しているのを確認します。
  • ゴムのりを塗り、10分ぐらい乾かします。
  • 穴を中心にするように、バッチゴムを貼ります。
  • よく接着するように、ゴムハンマーなどで軽くたたくか、重いものを載せ、しばらく置いておきます。
  • ゴムのりの余分な部分は、ほかのところに接着しないように、石灰かチョークの粉をかけておきます。
  • チューブを入れるときは、空気入れのバルブ部分を先にリムの穴に入れます。
  • タイヤをリムに入れます。
  • バルブの部分を最初にタイヤに入れ、リム にナットで止めてます。
  • タイヤに納まりやすくするために、少し空気を入れます。
  • バルブの部分がタイヤにしっかりと入っていることを確認します。
    チューブ全体をタイヤに入れ、リムにタイヤをもどし、空気を入れて完成です。

*最後のタイヤ部分をリム入れるときに、タイヤの耳が入れにくいときは油性スプレーをほんの少し、リムに付けるとスルッと入ります。

自転車のバルブゴムのチェック

知らないうちに自転車の空気が抜けていたら、バルブを調べます。
最近は、路面の状態や、タイヤの材質の向上で、昔ほどパンクすることが少なくなくなりましたが、段差などで切れることがあります。

自転車の簡単メンテナンス編

虫ゴムのチェック

  • バルブについているゴム(虫と呼んでいる)バルブに空気入れの先を入れます。
  • 少しづつ空気を入れ、バルブのゴムに石鹸水を塗ってみてください。泡が出れば、虫ゴムが劣化しています。
  • ナットをはずし、虫ゴムを取り換え、再度空気を入れてください。

空気圧

  • タイヤの空気圧は、チューブや虫ゴムが正常でも少しずつ抜けていきます。
  • 空気のあまり入っていないタイヤで走行すると、自転車が重くなるだけでなく、砂利道を走った時にパンクしやすくなります。
  • 1〜2週間に1度は、空気圧をチェックし、空気を入れましょう。
  • 空気圧は、指でぐっとタイヤを押して、ちょっとへこむぐらいが正常です。

ブレーキの調整

  • ブレーキは、レバーを軽く握ったときに、ハンドル取手とレバーの隙間が1/2で効くのが正常です。これよりも狭くなると、調整が必要です。

ブレーキがあまくなる原因

  • ブレーキゴムの磨耗
  • ブレーキワイヤーの伸び
  • ブレーキゴムの交換
  • ゴムを止めているナットをはずし、新しいものと取りかえます。
  • ブレーキゴムはホームセンターデ入手します。
    注意点:ゴムがピシッとリムにあたるようセットします。必ず左右両方を同時に交換します。

ブレーキワイヤーの交換

  • 初めワイヤナットを一旦ゆるめて、ブレーキのワイヤー調節ネジで中のワイヤ部分を張る様に、締め直します。
  • 調整ナットだけで調整できないときは、ワイヤーを引っ張って調整しなおす必要があります。
  • 工具だけや1人での作業ははやりにくい場合は、他の人にワイヤーを工具で引っ張ってもらい、ナットを再度締め直すとよいでしょう。

ブレーキが硬い

  • ブレーキレバー硬い場合は、ワイヤー油切れが主な原因と考えられます。
  • その際は、キャリバーブレーキのボルトの可動部分やブレーキワイヤーの根元、ブレーキレバーの支点ピンとワイヤーの頭へ自転車用の潤滑油をさしてください。
    *ブレーキゴムとブレーキシュー内部(後ろ)には絶対に注油しないよう注意してください。ブレーキが利かなくなります。

自転車で夜間走行

  • ライトの点検
    • ライトが点灯しない場合は、まず電球や電池が切れていないか確認しましょう。
    • 交換しても点灯しない場合:
      配線の切断か、接触不良
    • ランプハウス内やコネクタ・ターミナルの接触をチェックし、ダイナモ(発電器)の配線がはずれなどが考えられます。
      *泥などで汚れやすいので、歯ブラシな汚れを落としてから、配線コードを接続しなおしてください。
    • 防錆スプレーを接点などに吹いておくとさびを防げます。
  • 自転車の事故防止グッズ
    • 反射板や反射テープを取りつけることは、車の運転者に目につき、事故防止にも役立ちます。
    • 反射テープは、両方のペダルの両側面に貼っておきます。車のライトが当たると反射してひかり、目立ちますので事故防止に役立ちます
    • 反射板、反射テープもホームセンターで入手できます。

自転車を通販ショップで買う・・・買換え時の参考!

>>>自転車の通販ショップカタログ<<<

powered by Quick Homepage Maker 4.23
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional